天理教2.0になるためのコムヨシブログ

23歳で天理教の教会長に就任。 従来の布教活動を心から楽しめず、自暴自棄になる。 ブログという新しい可能性と出会い、新しい教会と信仰のあり方を模索。 お供えに依存しない教会を目指し、自分の才能を活かして自分の力で稼せぎ、のびのびと楽しい信仰のあり方や生き方である【天理教2.0】を自分のスタンダードにしたいと考えている。 青森県出身 天理高校卒 天理教語学院スペイン語コース卒 天理教コロンビア出張所にて2年間勤務。上級青年勤め後23歳で会長就任。既婚/子供3人/33歳

MENU

天理教の教会長ほど仕事をもつべき理由

f:id:com-yoshi:20180205234949j:plain

どうも、コムヨシです。

 

この記事を読んでいるあなたは、教会長、もしくはいずれ教会長になる予定の方だと思います。

そして、教会長でありながら働こうかどうか迷っている方でしょう。

 

この記事では、なぜボクが教会長ほど働くべきという考えに至ったのかをまとめてみようと思います。

 

 

 

布教しかやることがなかった

「収入がないなら、貧乏を楽しめばいい」

「働くのはダサい。布教だけを仕事にしよう」

 

そんな志をもって果敢に挑戦したわけですが、人が集まるわけでもなければもちろんお金もない。

貧乏を楽しむどころか、お金がない故に心が荒んでくる始末。

 

ボクの教会には基本的に参拝者は来ません。

なぜ来ないんでしょうか。

行く意味がないからです。つまりメリットがない。

むしろデメリットの方が多い場合もあるでしょう。

 

来ないから、来てもらうために布教に出るわけです。

でも1人の人を教会に連れてくるって、もの凄いエネルギーなんです。

全くの見ず知らずの人をです。

 

www.com-yoshi.space

 

でも今考えると、それをやりたかったんじゃなくて、それしか方法がなかった。

それしかやることがなかったって気づいたんです。

 

やりたくないことだから、毎回しんどいし、なかなか続けられなかったんです。

 

このままでいいのだろうか。

ボクがやりたいことは本当にこれだったんだろうか。

どうしたらもっと教会生活を楽しめるんだろうか。

 

 

 

布教師の理想と教会の困窮の両立は天才的に難しい

単独布教師と、事情教会復興を任ぜられた教会長との劇的な違いは、ズバリ、支出です。

 

教会長をされている方はよくわかると思いますが、教会はどん底にあろうが栄えていようが、関係ありません。

 

代表的なものは、教区・支部費でしょう。他の支部はどうか分かりませんが、ボクが所属している支部は、教区に3000円、支部に2500円を毎月収めています。ボクの支部は更に4つの組に分かれていて、組に500円収めなければならないので、合計で6000円です。

 

仮にボクが、どうしてもその教区や支部に所属したくて、そこでしか手に入らない情報やスキルがあるのだとしたら、決して高い買い物ではないんです。

 

無駄としか思えない組織に、好むと好まざるとに関わらず属さなければならず、挙げ句の果てに会費を収めなければならない。理不尽としか言いようがないですよ。

 

毎日毎日、おたすけの事ばかり考えて、くる日もくる日も歩き続ければいい訳ではないんです。

 

「それは人間思案だ」

 

そう言う人もいるかもしれません。ボクも当初はそう思っていたし、お金のことをグチグチ言う教会長なんてクソ以下だと見下してました。

 

www.com-yoshi.space

 

 

別に単独布教師の方が楽だ、とかそんな安易な議論をしたいわけじゃないし、そんなことは微塵も思っていません。

 

事情教会を復興することと、単独布教師による布教活動は種類が全く違うということを言いたいんです。

 

だからと言ってコンビニでバイトしたり、就職したりして他人の時間のために働着たくないし、病弱の妻を置いて働きに出るのは忍びない。

 

そんな時にヒサマツ氏のブログと出会ったんです。

 

aremocoremo.info

彼は塾の講師としての出世を蹴ったばかりでなく、仕事すら辞めてしまったんです。その理由がマジでかっこいい。

 

  • 自分の得意なことで人に喜んでもらいたい
  • もっと天理教をやりたい

 

な、なんかカッコイイ!!

ってなったんです。

 

 

人には必ず才能がある

人は誰でも、没頭できる分野があると思います。

没頭できることこそが、才能だと言えます。

 

自分にとっては当たり前なことでも、別の人からしたらものすごく特別な才能だっていうことがあります。

 

決してテレビなんかで注目されるほどスゴイ才能ではないけど、そのスキルを欲している人がいるのであればそれは、まぎれもなくアナタにしかない才能であり、あなたにしか出来ない仕事、つまり人だすけです。

 

そう、あなたの何気ないその才能が誰かの役に立つんです。

これってとてもすごい人だすけだと思ったんです。

 

ボクはこれからの天理教はこの部分にフォーカスしていくべきだと確信しています。

 

 

魅力ある才能があれば人は勝手に来る

天理教の教会長ってなんだかんだで忙しいんですよね。

だから、実際は働こうと思ってもなかなか都合の良い仕事がないっていうのが現状かもしれません。

 

なので、人に雇われるんじゃなくて、自分で独自のサービスを展開したらいいと思うんです。

 

「私はこういう分野であなたのお役にたてますよ」

 

っていう強みを持っていれば、自分が好きな時に働く事ができます。

そうすれば、ちゃんと教会長としてとしての職務を全うしながら、自分の才能を活かした仕事もでき、そこで出来たコミュニティや人間関係によって自然と教会に人をお誘いしやすくなると思うんです。

ごく自然な流れで教えに触れてもらう事が可能になってくるんですね。

 

信者さんのお供えに頼らないで、自分が稼いだお金で暮らす事で精神的にも安定します。

 

www.com-yoshi.space

 

 

こんな素晴らしい教会をボクは早く実現したいと思っています。

 

でも、ボクの才能って一体なんなんでしょう。

 

 

トリイくんのファーストペンギン大学でそれを見つける

勝手に天理教の未来を想像してますが、ボクにはその肝心の才能がなんなのか全くわかりません。

 

実はボク、トリイくんのファーストペンギン大学っていうオンラインサロンに一ヶ月限定の無料体験入学をしていました。

 

本来、月に4,900円かかるものが今だけ一ヶ月無料で体験できちゃうんです。

サロン内にはその道で一流と呼ばれる人達が普通にウヨウヨしています。

 

ボクなんかがって尻込みしちゃうんですが、大学の名前にもあるように、ファーストペンギンであること(誰もやったことないことに挑戦すること)を最も重要視する大学なので、失敗することを笑う人はいないし、むしろ褒められちゃいます。

 

そして「1人で挑戦させない」という校風もあるので、ヘルプをすると必ず誰かが助けてくれます。

しかもその助けは超一流。だから間違いなくスキルをゲットできます。

 

ボクはとにかくこの一ヶ月の間に自分の才能を見つけ、自分の力で稼ぐ力を身につけたいと思っています。

そして稼げるようになったら、正式に大学に入学してもっともっとスキルを高めて、色んな分野で人の役にたてる人材に成長したいと思っています。

 

更には、お供えに依存しない教会のあり方を実践し、同じような生き方を望む教会関係の方にコンサルティングをしていきたいと考えています。

 

 

教会長が変われば教会は劇的に変わる

23歳から10年間、途方に暮れていましたが、ボクと同じような悩みをもっている会長さんや、これから会長さんになる人に少しでも明るい未来を描いてもらうために、ボクはこの大学で一生懸命学ぼうと思います!

天理教の未来は僕らの手の中です!

 

今日も一日陽気ぐらし!