天理教2.0になるためのコムヨシブログ

23歳で天理教の教会長に就任。 従来の布教活動を心から楽しめず、自暴自棄になる。 ブログという新しい可能性と出会い、新しい教会と信仰のあり方を模索。 お供えに依存しない教会を目指し、自分の才能を活かして自分の力で稼せぎ、のびのびと楽しい信仰のあり方や生き方である【天理教2.0】を自分のスタンダードにしたいと考えている。 青森県出身 天理高校卒 天理教語学院スペイン語コース卒 天理教コロンビア出張所にて2年間勤務。上級青年勤め後23歳で会長就任。既婚/子供3人/33歳

MENU

なめらかな天理教ってどんな感じになるのかな

f:id:com-yoshi:20190105103846j:plain


ども!コムヨシです。

 

最近、「婚活を支援する団体を作ろうと思う」とか、「やっぱやめました」とか、わけわかんない感じになってるコムヨシです。

 

今回は、いまコムヨシが思っていることをまとめてみようと思います。

 

 

教会はオワコンだけど。。。

 

っていうことなんですよね。

 

全部とは言わないけど、「なくした方がいい教会」がたくさんあるのは恐らく満場一致の事実だと思うんです。

 

でも、だからといって今すぐ個人の思いとか力ではどうにも出来ない問題でもあるんですよ。

「教会、飽きたからやめた」っていうのが出来ない。

 

なんとか出来ないのかなって考えてます。

 

 

一番の悩みは「お金」

みんなが何で一番困っているかって言うとお金だと思うんです。(もちろん個人差はある)

 

信者がいようが少なかろうが、教会は存在するだけで経費がかかるわけですよ。

  • 支部
  • 教区費
  • 教費金(本部)
  • 光熱費

 

最低でもこれだけは必ずかかってきます。

これに関しては教会の大小は関係ないようです。

 

この支出をどうやって捻出するか。

信者さんがいなければ、会長が自己負担ってことになるでしょうし、会長不在っていう教会は支部が負担したり、上級が負担したりっていうこともあるでしょう。

 

必ずどこかにしわ寄せがいってしまう。教会が機能してないのになんで払う必要があるのか全く意味がわからない。

 

とまあ、こんな不足がとめどなく出てくるわけなんですが、これもはっきり言って個人がどんだけ主張しても何にもならないですよ。

 

じゃあなんとか解決したいじゃないですか。

 

でもそんなに簡単に解決できるならとっくに解決してるんだろうし。そんな簡単にはいきません。

 

そのために何か役にたてるようなサービスとか提供できないかなって考えてるんです。

全く思いつかないんだけどさ。

 

 

マッチングサービスという可能性

これやったから教会が楽になるっていう話ではないんだけど、最近思いついたのはマッチング系のサービス。

 

会長さんにとってのビッグイベントの一つに「毎月のおぢばがえり」があると思うんだけど、これって以外と情報が閉鎖的だと思うんです。

 

地域差もあると思うし、閉鎖的にしているつもりもないんだろうけど。

 

例えば、マイクロバス団体を企画したとしましょう。

 

青森からだと、運転手はやっぱり最低3人は欲しいです。でもタイミングによっては身近なところからは集めれなかったりします。

 

乗客も狭いコミュニティの中でしかシェアされないことが多いので、「あと2人くらい席が空いてるんだけどな〜」みたいな悩みを解決しにくい。

 

かといって大々的に情報を流すと、本来乗せたいと思ってる人を拾いきれない感じになったりもしたり。

 

需要と供給のバランスがもの凄く難しくて、だから思い切って企画する人が少ないと思うんだけど、でもあちこちで企画されている団体を一目で確認できるようなサイトとかアプリがあれば面白そうだなって思ったり。

 

こういうのをボクのサロンとかで企画出来たら面白いなって思います。

そういうのに詳しい人とか、興味あります!っていう人が入会してくれたら面白そう。

 

 

天理教をもっとなめらかに

インターネットの普及によって、劇的にそのあり方を変えたのが情報だと言われています。

そして今、お金もそのあり方が変わってきているらしく、今後劇的にお金という価値観が変わるのだそうです。

 

どう変わったのか。

 

流れが「なめらか」になったという表現をよく聞きます。

 

ボクもはっきりとはこの表現を捉えきれていないんだけど、なんとなく感じるのは、これまで一定の流れしか存在しなかった、情報やお金の流れ方に多様性が生まれているっていうことじゃないかと思っています。

 

大好きなミュージシャンのライブ情報や新譜のリリース情報なんかは、音楽雑誌や大手のCDショップでしか手に入りませんでしたよね。

でも今はどうでしょう。

ホームページをチェックするだけで詳細にアクセスできるし、SNSを開けば向こうから情報がやってくる時代になりましたよね。

 

必要な情報を入手するまでにかかっていたコストやストレスがほとんどなくなっている状態ですよね。

 

お金もそう。

お金を入手する方法は劇的に変わった感じです。

ブログとかYOUTUBEなんかで個人が自分の力でお金を稼げるようになりましたね。

もっとすごいのは「クラウドファンディング」でしょう。

 

ものすごく偏った表現をすると「お金をください」って言うだけでお金を集めることができる時代になったんです。

 

もちろん誰にでも簡単に集められるっていうわけではなくて、前提として「信用」が必須ですよっていうことなんですね。信用経済とか評価経済なんて呼ばれてるみたいです。

だから必ずしも「誰でも簡単に」っていうことではなくて、システムとして誰でも簡単に集められるようになったんですね。

 

これだけ時代が変化しているんです。

そこに住まう人の価値観も当然、変化していきます。

 

これは今に限ったことではなくて、世界はそうやって進化してきたってことだと思うんです。

 

テクノロジーの進歩と共に人間のあり方がアップデートされてきたんですね。

 

ボクが信仰している天理教は日常生活の中でこそ、魅力が発揮されます。

 

でも今、日常生活の中に窮屈さこそあれ、輝きを放てている人がどれだけいるでしょうか。

 

天理教の教会では陽気暮らしが出来ない。

 

そう感じている人も少なくないでしょう。ボクもその中の一人です。教会が陽気暮らしの妨げになっているという表現も聞いたことがあります。

 

なぜでしょうか。

 

信仰のあり方が今の時代の価値観にフィットしていないからだと思います。

 

先人や先輩に敬意を払わなくてもいいと言っているのではありません。

「今までこうだったから」という理由だけで物事を進めがちになっていませんかっていうことなんです。

 

時代の変化、テクノロジーの進歩にもっともっと柔軟に合わせていく必要があると思うんです。

 

そんなに大それたことをしようっていうんじゃないんです。

 

例えば、

  • 教区や支部の集まりってスカイプとかズームでできるんじゃん
  • 教区費や支部費はオンライン決済とかに出来ないの?

 

そもそも支部や教区に強制的に組み込まれているっていうあり方を変えようよ、っていう考えもあるんですが、それは「教会を今すぐ無くそう」っていうのと同じですぐには出来ないこと。

 

そういう流れを作るために、本質に近づけるような活動を生み出していくことが大切なのかなって最近感じています。

 

天理教がどうやったらなめらかになるのか。

なめらかな天理教って一体どんな状態なのか。

 

はっきり言って全然わかりませんが、そこへ向かうために今やるべきことはたくさんある気がします。

 

それを見つけたり、広げたりしていく環境が「コムヨシ布教所」にはあります。

今はまだ具体的な取り組みはしていませんが、いずれは多くの人に喜んでもらえるようなサービスやコンテンツを生み出していきたいなって思っています。

 

そんなコムヨシ布教所は今月(2019年1月)限定で「30日間無料キャンペーン」を実施中です。

 

アナタの何気ない一言が何か新しい取り組みへのきっかけになるかもしれません。

 

人は環境で変わります。

その環境は自分の力で手に入れられます。

 

 

今日も一日陽気暮らし!