天理教2.0になるためのコムヨシブログ

23歳で天理教の教会長に就任。 従来の布教活動を心から楽しめず、自暴自棄になる。 ブログという新しい可能性と出会い、新しい教会と信仰のあり方を模索。 お供えに依存しない教会を目指し、自分の才能を活かして自分の力で稼せぎ、のびのびと楽しい信仰のあり方や生き方である【天理教2.0】を自分のスタンダードにしたいと考えている。 青森県出身 天理高校卒 天理教語学院スペイン語コース卒 天理教コロンビア出張所にて2年間勤務。上級青年勤め後23歳で会長就任。既婚/子供3人/33歳

MENU

え?よふぼくって「おさづけの理拝戴者」のことじゃないの!?|第1回コムヨシ布教所オンライン教理勉強会まとめ③

f:id:com-yoshi:20190805122112j:plain

ども!コムヨシです。

 

前回と、前々回の記事で、コムヨシ布教所の「オンライン教理勉強会」の第1回目の内容をお伝えしました。

 

www.com-yoshi.space

www.com-yoshi.space

 

今回の記事では、第2回目の内容をまとめてみようと思っていますが、おかきさげからはちょっと離れた内容になっています。

 

どんな内容かというと、

 

よふぼくの定義

 

についてです。

 

「は? よふぼく=おさづけ拝戴者のことじゃねーの?」

 

という声が聞こえてきます。

 

確かにそうなんです。でも、ヒサマツくんはそういった認識ではなかったというんです。

 

どういうことなんでしょうか。

 

今回の記事では、一般的にはあまり認知されていない(であろう)「よふぼくの定義」についてまとめてみようと思います。

 

 

「おさづけ拝戴者」と「よふぼく」

今回の議論は、第1回目の勉強会の中での質疑応答から偶然生まれたものでした。

 

まずは質問の内容をみてみましょう。

 

【質問】

現代のおたすけにおいて「おさづけの取り次ぎ」よりも「話の取り次ぎ」にシフトしている気がしている。自分自身もおさづけは現代のニーズに合っていないと感じています。

その中で、「おさづけの取り次ぎ者としての心構え」である「おかきさげ」の重要性はどこにあるのでしょうか。

 

という質問です。

 

これに対するヒサマツくんの答えは、

【ヒサマツくん】

f:id:com-yoshi:20190803080746j:plain

おかきさげは「ようぼくの心構え」なんです。

つまり「よふぼくとしての生き方」が書かれているもので、おさづけどうこうの内容ではないんです。

おさづけを戴いたからおかきさげ、ではなくて、よふぼくになったからおかきさげ、というイメージです。

 

でした。

 

ここで10秒程の沈黙が続きます。

なんとなく、わかったようなわからないような。

 

この沈黙を破ったのは、そう、コムヨシでした。

 

 

【コムヨシ】

f:id:com-yoshi:20180810180241p:plain

よふぼく=おさづけの理拝戴者、じゃないの??

【ヒサマツくん】

f:id:com-yoshi:20190803080746j:plain

あーーー!そういう意味ですか!
ボクの認識と全く違います。
ボクの中で「よふぼく」っていうのは「おさづけは関係ない」です!

 

そして、

次のヒサマツくんの一言で参加者一同驚愕の事実を知らされる事になります。

【ヒサマツくん】

f:id:com-yoshi:20190803080746j:plain

ボクの中で「よふぼく=おさづけ」っていうのがほぼゼロに近いぐらいなかったので、質問の意味がわからなかったです(笑)
ボクの認識ではよふぼくっていうのは「天理的な生き方をする人」っていうイメージです。

つまり、ヒサマツくんの解釈では「よふぼく=天理的生き方をする熱心な信者」だというんです。 なので、おかきさげはおさづけを取次ぐための心構えではなく、天理的に生きようとする人へ対する心構えを説かれたものという構図になるのだといいます。

 

ビーン!!

 

 

天理教教規で「さづけの理拝戴者=よふぼく」と定められている

とはいえ、昭和34年の天理教教規(天理教の規則)改正で「さづけの理を拝戴するとよふぼくとなる」と記載されています。

f:id:com-yoshi:20190805113226j:plain

 

天理教教典が発刊されるまで、「よふぼく」という言葉は一般的にはあまり使われていなかったようです。

 

ということは、天理教教典が発刊される前と後では、「よふぼく」という言葉の認識に大きなズレが図らずも生じてしまっているということになります。

 

現在における一般的な解釈としての「よふぼく」は「おさづけの拝戴者」という図式でまちがいないようですが、「教理としての解釈はどうなの?」というところがポイントになりそうですね。

 

その辺は次回以降の記事で詳しくまとめようと思っています。

 

 

まとめ

今回の記事では、

「よふぼく=おさづけの理拝戴者」なんだけど、それは昭和34年に定められた定義であって、おさづけの理拝戴者にだけ限定した言葉ではないようですね〜、っていうまとめにしておきます。

 

おかきさげを拝読する上で、「よふぼくの定義」はとても重要な意味をもっているということも学ぶ事が出来ました。

 

次回の記事では、別の質疑応答をまとめてみます。

質問の内容をチラッと紹介すると。

「おさづけは誰のために、何のために渡されたのか?」

っていう質問です。

 

次回もアナタの常識をぶっ壊す「創造的破壊」をお見舞いします!

 

では!

今日も一日陽気ぐらし!