【天理教】教会とお金が滑らかになると教会はまだまだ輝ける

ども!コムヨシです。

教会を引き上げる動きが加速していますね。寂しいですがとてもいいことだと思います。

今回考えてみたいのは、教会は社会から必要とされているのかどうか。その辺についてボクなりに考えてみようと思います。

 

スポンサーリンク

教会はオワコンだけど

 

全部とは言わないけど、「なくした方がいい教会」がたくさんあるのは恐らく満場一致の事実だと思うんです。

 

教会側で一番しんどいのって「教会、飽きたからやめた」っていうのが出来ないことですよね。

 

一番の悩みは「お金」

みんなが何で一番困っているかって言うとお金だと思うんです。(もちろん個人差はある)

多分お金が解決すると、教会の問題ってほぼほぼ解決しちゃうように思うくらい、教会とお金の問題はとても重要で、信者がたくさんいようが少なかろうが、教会は存在するだけで経費がかかるわけです。

  • 支部費
  • 教区費
  • 教費金(本部)
  • 光熱費

最低でもこれだけは必ずかかってきます。

これに関しては教会の大小は関係ないようです。

この支出をどうやって捻出するか。

信者さんがいなければ、会長が自己負担ってことになるでしょうし、会長不在っていう教会は支部が負担したり、上級が負担したりっていうこともあるでしょう。

必ずどこかにしわ寄せがいってしまう。教会が機能してないのになんで払う必要があるのでしょうか。

でもそんなに簡単に解決できるならとっくに解決してるんだろうし。そんな簡単にはいきません。

そのために何か役にたてるようなサービスとか提供できないかなって考えてるんです。

全く思いつかないんだけどさ。

 

テクノロジーで滑らかに進化したお金

インターネットの普及によって、劇的にそのあり方を変えたのが情報だと言われています。

そして今、お金もそのあり方が変わってきているらしく、今後劇的にお金という価値観が変わるのだそうです。

どう変わったのか。

流れが「滑らか」になったという表現をよく聞きます。

ボクもはっきりとはこの表現を捉えきれていないんだけど、なんとなく感じるのは、これまで一定の流れしか存在しなかった、情報やお金の流れ方に多様性が生まれているっていうことじゃないかと思っています。

大好きなミュージシャンのライブ情報や新譜のリリース情報なんかは、音楽雑誌や大手のCDショップでしか手に入りませんでしたよね。

でも今はどうでしょう。

ホームページをチェックするだけで詳細にアクセスできるし、SNSを開けば向こうから情報がやってくる時代になりましたよね。

必要な情報を入手するまでにかかっていたコストやストレスがほとんどなくなっている状態ですよね。

お金もそう。

お金を入手する方法は劇的に変わった感じです。

ブログとかYOUTUBEなんかで個人が自分の力でお金を稼げるようになりましたね。

もっとすごいのは「クラウドファンディング」でしょう。

ものすごく偏った表現をすると「お金が必要なんです!」って言うだけでお金を集めることができる時代になったんです。

もちろん誰にでも簡単に集められるっていうわけではなくて、前提として「信用」が必須ですよっていうことなんですね。信用経済とか評価経済なんて呼ばれてるみたいです。

だから必ずしも「誰でも簡単に」っていうことではなくて、システムとして誰でも簡単に集められるようになったんですね。

これだけ時代が変化しているんです。

そこに住まう人の価値観も当然、変化していきます。

これは今に限ったことではなくて、世界はそうやって進化してきたってことだと思うんです。

テクノロジーの進歩と共に人間のあり方がアップデートされてきたんですね。

天理教をもっと滑らかに

ボクが信仰している天理教は日常生活の中でこそ、魅力が発揮されます。

でも今、日常生活の中に窮屈さこそあれ、輝きを放てている人がどれだけいるでしょうか。

天理教の教会では陽気暮らしが出来ない。

そう感じている人も少なくないでしょう。ボクもその中の一人です。教会が陽気暮らしの妨げになっているという表現も聞いたことがあります。

なぜでしょうか。

信仰のあり方が今の時代の価値観にフィットしていないからだと思います。

先人や先輩に敬意を払わなくてもいいと言っているのではありません。

「今までこうだったから」という理由だけで物事を進めがちになっていませんかっていうことなんです。

時代の変化、テクノロジーの進歩にもっともっと柔軟に合わせていく必要があると思うんです。

そんなに大それたことをしようっていうんじゃないんです。

例えば、

  • 教区や支部の集まりってスカイプとかズームでできるんじゃん
  • 教区費や支部費はオンライン決済とかに出来ないの?

そもそも支部や教区に強制的に組み込まれているっていうあり方を変えようよ、っていう考えもあるんですが、それは「教会を今すぐ無くそう」っていうのと同じですぐには出来ないこと。

そういう流れを作るために、本質に近づけるような活動を生み出していくことが大切なのかなって最近感じています。

天理教がどうやったら滑らかになるのか。

滑らかな天理教って一体どんな状態なのか。

はっきり言って全然わかりませんが、そこへ向かうために今やるべきことはたくさんある気がします。

それを見つけたり、広げたりしていく環境が「コムヨシ布教所」にはあります。

今はまだ具体的な取り組みはしていませんが、いずれは多くの人に喜んでもらえるようなサービスやコンテンツを生み出していきたいなって思っています。

アナタの何気ない一言が何か新しい取り組みへのきっかけになるかもしれません。

人は環境で変わります。

その環境は自分の力で手に入れられます。

今日も一日陽気暮らし!

コメント

  1. さら より:

    最近、こちらのブログを知った未信者です。
    ひとつ質問があり、書かせていただきます。
    あるYouTubeの投稿で、末端教会の方が、「天理教は非常に金のかかる宗教です」と題して、自教会での年間の支出が最低20万、そして別にお供えがかかると話していました。その支出の内訳も、支部費など説明がありました。
    次に質問です。
    ①仮に自教会に青年や少年がいなくても、青年会費や少年会費も負担しないといけないのでしょうか。
    ②一般の信者さんでも、支部費等の負担はあるのでしょうか。
    差し支えなければ、お答えいただけるとうれしいです。

  2. com-yoshi より:

    コメントありがとうございます!
    うちは支部費が月額6000円なので、年間72,000円。更に年一回本部に支払う教費金が15,000円。
    そこに光熱費が上乗せされる感じです。
    確かに20万円近くになりそうですね。
    少年会や青年会費は人数の多い少ないに関わらず、例えゼロだとしても支払わなければならないようです。
    支部費や教区費というのは教会単位で支払われます。

タイトルとURLをコピーしました