天理教2.0になるためのコムヨシブログ

23歳で天理教の教会長に就任。 従来の布教活動を心から楽しめず、自暴自棄になる。 ブログという新しい可能性と出会い、新しい教会と信仰のあり方を模索。 お供えに依存しない教会を目指し、自分の才能を活かして自分の力で稼せぎ、のびのびと楽しい信仰のあり方や生き方である【天理教2.0】を自分のスタンダードにしたいと考えている。 青森県出身 天理高校卒 天理教語学院スペイン語コース卒 天理教コロンビア出張所にて2年間勤務。上級青年勤め後23歳で会長就任。既婚/子供3人/33歳

MENU

教会長もみんなと一緒に仲良く信仰したい

f:id:com-yoshi:20180401114300j:plain

ども!コムヨシです!

 

最近ツイッターで、教会長と教会の関係の新しいあり方を発見したのでその辺のことをまとめてみようと思います。

 

 

教会長って一体何者?

 

みんな好きで天理教やってるだけなのに、会長や会長家族はなぜか「信者を迎える側」みたいな感じになってしまってるのが、教会長と信者の間に生まれるギャップの根本なんじゃないかなって思うようになりました。

 

教会長やその家族が「教会に住んでいる」っていう物理的な条件から生じている現象なのかもしれません。

 

 

教会長が教会に住むべき理由って何?

教会長が教会に住んでるって言うよりは、教会長になる人の家が教会になったって言う方が順番的に正しいんだと思います。

 

初代会長になった人がいて、その人の家に神殿を建てたわけだから、教会長が世襲制のようなシステムになったのはむしろ自然な流れと言えます。

 

 これって、はっきり言ってどうしようもない問題なんだけど、この問題を解決できないと教会長と信者のギャップってどこまでいっても平行線な気がしています。

 

仲良くやれてる会長さんも当然おられるわけですが、個人の質が問われなければならないのはちょっと可哀想な気がします。

 

自ら望んで会長になったとはいえ、長男だからっていう理由だけで後継者にならざるを得ない人の方が圧倒的多数でしょう。それって本当に望ましい姿なんでしょうか。

 

 

教会長もみんなと楽しく信仰したいだけなんです

他の信者さんと同じように仕事をして、朝勤めに通ったり、月次祭に通ったり、神様と繋がることを喜びとしたいだけです。

 

今日は気が乗らないから参拝に行くのはやめようかな。

今日は早めに教会に行ってみようかな。

 

とか、そういう感じでナチュラルに教会と繋がりたいんですよね。

 

教会と教会長家族の距離感がもう少しちょうどいいものになれば、教会の雰囲気ってもっと劇的に変えられる気がします。

 

ボクはそんな教会がいいです。

 

 

今日も一日陽気ぐらし!